blog 【注意!】バナナダイエットのみんな知らない落とし穴、、、

2022.04.05

「ダイエットした後、すぐにリバウンドしないためにはどうしたらいいのかな、、、」
「8時間ダイエットはリバウンドする?」



このような疑問を感じていないでしょうか。

ファスティングの1種で使われる8時間ダイエット。
1日のうち、8時間以内に食事を済ませ残りの時間は何も食べないダイエットになります。


結論からいうと、この8時間ダイエットは体重を短期間で大きく減らすことができます。
しかし、短期間で効果を得たものは何か代償を伴うということを前回もお話しさせて頂きました。

筆者はプロのトレーナーで、数多くの方のボディメイクを成功させてきました。



前回の投稿はこちら



一気に何かを変えることは、リバウンドのリスクが高いのでお勧めしません!
痩せた体型をキープしたいのなら、他の方法で行うべきです。





そんな方々のために、今回ご紹介するのは
バナナダイエットです。

バナナダイエットは、その名の通りバナナを食べるダイエットです。

1日の食事をバナナに変える簡単な方法で、高いダイエット効果が期待できます。

「本当にそれだけで痩せられるの?」

そんな疑問を感じている方も少なくないと思います。

このような疑問も含め、今回は解説していきます。



バナナダイエットのやり方

バナナダイエットのやり方は、驚くほど簡単です。
1食バナナ1本と水を摂取するだけです。

3食のうち1食を差し替えればいいだけで、他の2食はいつも通りで構いません。

バナナに含有されている栄養素は豊富で、ビタミンB群・カリウムなどになります。この2つは代謝を促進してくれるため、ダイエット効果が高いです。
なお、バナナは筋トレとも相性が良く、トレーニーに愛されている食材です。








バナナダイエットがオススメな3つの理由


バナナがダイエットに効果的かつオススメな理由は?

1、基礎代謝が高くなる
2、低G I値であり、さらにカロリーが低い
3、便秘が解消される






まずは、
1、基礎代謝が高くなる
先ほども記述した通り、バナナには基礎代謝を上げるビタミンB郡が含まれています。


ビタミンB1つとってもいろいろな効果があるのです。

・ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の分解(代謝)
・ビタミンB2は、脂質の分解(代謝)
・ビタミンB6は、タンパク質の分解(代謝)



基礎代謝が高くなると、普段から消費するカロリーが多くなります。
ここで疑問が出てきます。それはつまり痩せやすい体になっているのでは?と。

反対に基礎代謝が低い状態だと消費カロリーが低いため、何をしても痩せにくいということになります、、、




バナナダイエットにつきましては、このような栄養面もアプローチできるダイエットになります。





2、低GI値であり、さらにカロリーが低い

バナナ1本に含まれるカロリー数は、なんとわずか86kcal。


茶碗一杯のご飯で約250kcalなので、バナナに置き換えるだけで半分以下のカロリーに抑えられます。

甘さはバナナにありますが、砂糖とはまた違うものだということも実はなかなか知らない方が多いです。

お菓子やジュースといった甘いものは砂糖がたっぷり入っているので、血糖値の上がり方が急になり吸収も早く脂肪に変わりやすくなってしまいます。

一方バナナは、低GI値の為、糖質が緩やかに吸収されます。そのためインスリンという糖質を中性脂肪に変える働きがあるホルモンの分泌が少なくなり、中性脂肪が溜りにくい食材ともいえます。






3、便秘が解消される

ご存知の方も多いかと思いますが、バナナは食物繊維が豊富です。

食物繊維の役割の中に、腸内環境を良くし、便秘を解消するというものがあります。

実際、ダイエットの食事制限中に便通が悪くなったという話はよくよく聞く話です。
皆さんも経験あるかもしれませんね、、、


そんな方達の体の中はどうなっているのかというと、偏った食生活により基礎代謝が低下し痩せにくい体を作り出してしまっているのです。むしろダイエットがうまくいっていない原因は、トレーニングどうこうよりも便秘が原因かもしれません。



バナナの詳しい栄養素はこちら




バナナダイエットで失敗する原因とは、、、?


バナナダイエットを行った方でも、なぜか体重が増えてしまったという声もあると思います。

バナナに関しては、太りにくい食材ですがそれでもなお失敗したのであれば、以下のことが考えられるでしょう。

1、栄養不足
2、他の食事を摂り過ぎている
3、リバウンドの可能性




1、栄養不足


1食バナナのみなので、1日で摂らなければいけない栄養素が十分に取れていない可能性があります。

そうなると体は飢餓状態になり、大事な筋肉などを分解しエネルギーを捻出するようになります。

筋肉は、脂肪を落とすには必要なガソリンみたいなものなので、勝手に脂肪の落ちにくい体を作り出してしまっていることになります、、、

1食の食事内容は変えられないので、残りの2食で調整しましょう。




2、他の食事を摂り過ぎている

1食に摂るバナナは1本から2本なので、残りの2食は自由ということになります。

2食が自由とはいえど、食べ過ぎてしまってはかえって太ります。

空腹を感じて辛い場合は、食事内容やカロリー摂取量に注意しながらダイエットを行なっていく必要があります。





3、リバウンドの可能性

バナナダイエットが成功した後、すぐに元の食事や今までよりもハイカロリーな食事にしてしまうとリバウンドする可能性があります。

1ヶ月に体重の5%以上痩せてしまうと体が生命の危機と判断し、少ないカロリー量で命を維持しようと働き出します。

いつもより蓄えられる脂肪量が増えるため、急にハイカロリーなものを食べてしまうとリバウンドしてしまいます。

結果痩せている時よりも大事なのは、痩せた後。ということです。






ぜひ、皆さんも無理のないところからダイエットを始めてみましょう!!